About me

Houhou="宝宝" (Baobao)

中国語で『赤ちゃん』や『愛しい人に対する呼び名』で使われる言葉です

親・子供・友人など自身にとって大切な人との繋がりを写真で残したい思いを込めています

My policy

P1119266.jpg

「シンプルイズベスト」

何も飾らなくて良い、今の姿が1番素敵だと思って常に撮影しています。写真に入る皆さまの笑顔が1番のデコレーションです。

私の撮影では特別なポージングの指示をせず、皆さまのありのままの姿がメインです。

そんな ありのままの姿、その時の思い出が蘇るような写真を残すには、「撮られる」という感覚より、大切な思い出が楽しいと思っていただける時間をお届けすることだと思っています。

1日1組限定

その日を十分に楽しんでいただきたく、時間による制限を設けないようにするため基本「1日1組」の予約となっております。

時には遊びながら心を解きほぐしていき自然な表情を引き出すこともあり、そのためには時間が必要なこともあります。

​スタジオ撮影のように慌てる必要はありません。ゆったりとした気持ちで撮影を楽しんでください。

P1129231_edited_edited.jpg
P1119909_edited.jpg

キャンセル料はいただきません

すべての撮影において、日程変更やキャンセルに伴うキャンセル料や手数料をいただいておりません。

それは、皆さまが撮影当日が一番良い状態で写真に残していただきたいからです。

日程変更をなるべく柔軟に対応するよう、ひと月に予約できる枠数を決めております。

お子さまの急な不調や心のコンディション、産褥期の心身の不調に配慮し、出来る限り希望に添えるよう対応いたします。

​Photographer

川崎横浜ニューボーンフォト・ファミリーフォト出張撮影Houhou

ゆるまり

​1986年生まれ 徳島県出身 川崎市麻生区在住

実家は小さな港町の写真館 両親とも元カメラマン

東京の美術大学卒業の後、結婚式のビデオカメラマンとして勤務

​独学・カメラ教室で写真を学び写真展の開催やライブ撮影に携わる

2015年、アートフォト認定講座1級取得

2017年、双子の男の子を出産

2020年、某ベビーフォト団体 ニューボーンフォト講座認定

2017年度JPVAAフォトコンテスト入賞

IMG_3364_edited.jpg

私には大切な3つの写真があります。

私は、人見知りで写真を撮られるのが苦手でした。

そんな苦手意識を克服できたのは、大切な友人の存在です。
地元に帰ると毎年年末に開催される友人全員集合の日に撮る写真、上京してから出会った友人との楽しい写真は時が経っても勇気と元気を与えてくれる存在です。

逆に、私が幼い頃の父の写真が殆どありませんでした。
父はカメラマン。撮る事を専門とし、撮られることが苦手な人だったのです。私は父と似た性格です。
結婚式で必要になった写真、父の写真が無い・・・無い!!!
私や母の写真はたくさんあるけれど、父の写真はほとんどありません。

そんな結婚式には父の姿はありません。17歳の時にお空に行ったから。
私がカメラマンとなった今、父とカメラについて語ることはもちろんのこと
一緒に写真を撮ることすら叶いません。

父が写った数少ない写真は、お空に行って随分経っても面影を思い出させてくれる大切な存在となっています。

もう一つは、子供が生まれてから撮る写真。
ありのままの自然な姿が何よりも微笑ましい、いつ見ても笑顔にさせてくれる大切な写真です。



家族・友達や愛する人との写真は、出来ること限り誰も欠けることなく残して欲しい。
​撮られるのが恥ずかしくても、その写真が誰かにとって大切な宝物になります。

思い出と共に大切な人と振り返りたくなる写真をお届けしたく活動しています。