結婚式の撮影をしました



先日、初めてウェディングの仕事をしてきました。


初めて。。。と言うものの

私の前職は結婚式のビデオカメラマンでした


ブライダル業界には長く携わりましたが

今回はビデオカメラではなく一眼レフ

そして初めてストロボを搭載し挑みました



友人の結婚式だったのですが

本来であれば私も列席する予定でした


しかし、このご時世で親族のみの食事会を開催することになり

私はカメラマンとして依頼してくださいました


このような形で携われたのは本当に嬉しいことです


Houhouでニューボーンフォトを撮った方はご存知かもしれませんが

新婦は私がいつも作っているポストカードのデザインをしてくれた方です



結婚式の写真は前撮りと当日の写真では撮り方がまるで違います

当日の写真はあくまで「記録」として残すものであり

特に結婚式は「その日限り・その一瞬限り」


ボケ感が。。。だの

アングルがあーだこーだとじっくり考えている暇はありません

ボケボケしてその一瞬を取り逃がしたら全てが終わります

そんな大変さがあるのです

ビデオも同じで、何が何でもその一瞬を残さず撮る事が大事


結婚式の進行、自分の立ち位置、会場の動線などを十分に把握しておかないといけません

そんな大変さを前職で思う存分味わいました



約8年ぶりのウェディングの現場はとてもとても緊張しましたが

新郎新婦の幸せそうな表情やスタッフさんの優しい気遣い

そしてゲストさんの楽しそうな姿


それを見ていつのまにか私も楽しんでいました


軽食という名のとても豪華なお料理も用意していただき

私は写真を提供する側なのに

いつのまにか新郎新婦からたくさんのものを提供していただいていました



今日、無事に納品でき一安心



結婚おめでとう!



雨予報だったはずが雲の隙間から青空が見えていて

とても爽やかで素敵な日でした

3回の閲覧

東京・神奈川(川崎市麻生区・稲城・調布・府中)ニューボーンフォト出張撮影 Houhou