21トリソミーの赤ちゃんと出会った話




デビュー前、無料モニターさまのご紹介でニューボーンフォトをご予約いただいたけどコロナ禍で撮影を自粛し

宣言解除後にようやくお会いすることができ、ベビーフォトを撮らせていただきました


彼は 21トリソミー を持って生まれました

白くてもっちりとしたお肌と愛くるしい表情が可愛すぎて…!

そして何より、赤ちゃんに対するママさんパパさんの愛が滲み出ており、ご家族で彼を愛していることが分かりグッときた記憶があります

そこから、様々な特性を持つ子供たち、様々な環境にいる子供たちの写真 を残したい思いが強くなりました

例えば、彼のように生まれながらの特性を持っていたり

様々な理由で家族と離れて暮らしていたり

色んな環境の子たちがいます


私の実家が写真館だったこともあり

撮ってもらうのが当たり前だったけれど、そうでない子もいる

写真館に出向けなかったり、一緒に写る人がいなかったりする事をここ1年で知ることになりました

写真は、その人がその場にいた証として残るもの

是非その証を残して欲しいです

少しでもそのお手伝いができれば…と思っています

自宅へ出張だからできる事があると思っています

もし、写真を撮りたいけれど色んな悩みがあったら聞かせて欲しいです

私ができる可能な限り対応させていただきます


また、こんなところで言うなよって思いますが

私に何かできることがあれば、児童養護施設やハンディキャップを持つ子供が通う場所で写真を通したイベントができるのであれば

ぜひともお声かけください

一緒に何かできることを考えさせて欲しいです

※この話はご家族のご了承の上で投稿しております

ありがとうございます!

3回の閲覧

ニューボーンフォト・ ファミリーフォト出張撮影 Houhou

神奈川県(川崎・横浜)東京都(稲城・調布・府中・多摩)