【ファミリーフォト】人見知りちゃんが楽しくなるための方法

出張撮影で不安とされることの多くが

「子供が人見知り!」

ということではないでしょうか?


人見知り・場所見知りのお子さまに知らないオバハンがカメラを持ってこっちを見ている・・・

ただでさえビビる光景なのに「笑って〜!」と強制される><


第三者目線で考えてみると、どれだけ過酷な環境なんだろうと思いますよね

カメラマンゆるまりも、実は超絶人見知りです

ただ、撮影する側の立場がほとんどなので、撮られる側の人見知りの場合をきちんと考えて

その子が楽しく1日を過ごせるように努めるようにしています


では、人見知りちゃんの撮影で私が対策していることをお伝えします

必要な持ち物などもありますので、参考にしていただければと思います




人見知りちゃんの撮影が楽しくなるための対策


①好きなキャラクターを持っていく

一番取り入れやすい方法なのですが、まずは私が用意するものは「好きなキャラクターのぬいぐるみや指人形」です

私が持っているキャラクターであれば必ず持ち込んでいます


そして、こう言います

「あなたが●●が好きと言っていたから私も●●持ってきたよ!」

そこで私とお子さまとの共通点を持ってもらいます

私も好きなんだ〜!という感じで♫

そうすると、自分が持っていないキャラクターグッズを見て少しでも惹きつけてくれます


実はそのキャラグッズをカメラにくっつけているのです

すると、少しでもカメラに向いてくれる機会が増えますし、

「レンズを見て」より「●●を見て」だと分かりやすいです


人見知りちゃんは目線をこちらに向けてくれることが少ないですが、この方法で少しでも確率が増えますので

その瞬間を逃さずお撮りしています

※その間は大人はずっとカメラに向いててくださいね



②とにかく一緒に遊ぶ

人見知りちゃんでも誰でも、知らないオバサンが突然きたら頭が「?」になります

なので、まずは「仲良くなる」ことから始めます

先ほどのキャラクターグッズで同じものが好きという共通点を持ってもらうのと同時に

お子様とテンションを合わせて一緒に遊びます

その時に使えるアイテムが

・シャボン玉

・落ち葉

シャボン玉はみんな大好き!

まずは親御さまにシャボン玉を作ってもらい楽しんでいただく

または3以上のお子さまは自分で吹いてもらいます


少し遊んでいると表情が柔らかくなるので、楽しくなってきた頃に自然な表情を撮っていきます
太陽が出ているとシャボン玉がキラキラと光って幻想的な雰囲気が撮れることも!


落ち葉などの葉っぱが沢山落ちている場所で葉っぱ遊びもオススメ

私がお手本として、上からヒラヒラと落としたりブルドーザーごっこをしたり

男の子はブルドーザーごっこに反応してくれることが多いです!

このような遊びをしている時はカメラを置きます

まずは一緒に遊んで「この人は大丈夫」という認識を持ってもらうのです


③性別によって対応を変えています


まず、男の子は「一緒に遊ぶ」ことを最優先

かけっこで勝負したり、一緒に砂場遊びをしたり、とにかく一緒に楽しみます

女の子も一緒に遊ぶこともありますが、とびっきりのアイテムが

「可愛いもの」!

例えば、写真のようなミニブーケやヘッドドレスなど女の子の憧れであるアクセサリー系

これはかなり効果的!

ただ、一発目で出すと1時間の撮影が持たないので、最終兵器として温めておきます



④ご家族がご用意いただきたいもの

子供の集中力はほんの5分

その中でなるべく集中的に撮影できるように親御さまにもご協力いただくことが多いです


そこで、ご家族でご用意いただきたいものが

・大好きなおやつ or ジュースなど

・シャボン玉など遊びアイテム
・大好きなおもちゃ


この3つはすぐに使わず、飽きてきたりぐずった時までに温めておきます

小出ししていくことで、1時間の中でもご機嫌の良い時間を増やしていくことができますよ



人見知りちゃんでも性格が十人十色なので、上記の通りにいかないこともあります

それでも、ご機嫌を取るのに「疲れた」よりも、楽しい時間をお過ごしいただけるように精一杯努めております

そのためには、事前にお子さまの性格や特徴など情報をお伝えいただくことが一番大事です

私からもお伺いしておりますが、不安なことや気になること、気をつけておきたいことなどは事前にお知らせください


いつ見返しても「楽しかったね」と語れるような楽しい写真を残すお手伝いをさせていただきます!



LINEInstagramからでもお受けしております。

▼お問い合わせフォーム▼